TOP > コスモリズムの見方

はじめての方へ

コスモリズムは、月のリズム( :28日周期)地球のリズム( : 30日周期)太陽のリズム( : 24日周期)という3 つの関係性で構成され、それに、実際の月齢をあわせることで要注意日・注意日を割り出すシステムです。


注意日型事故リズム

注意日は、月の影響が本人に対してやや強まる時期になります。

危険度レベル1

月単独注意日型
月の周期リズムが14日目にあたるこの時期は、要注意日よりは危険度が低いですが、本人への月の影響がやや強くなる時期です。

危険度レベル2

コスモ連動注意日型
月の周期リズムが14日目にあたるこの時期に、地球・太陽の周期リズムが連動した形の注意日です。パターン1より、より事故に対する注意が必要です。

危険度レベル3

長期継続注意日型(月14日周期型)
月・地球・太陽の注意日周期が継続する形であらわれる注意日です。特徴は、連続して注意日が続くので、注意日が長期間になる特徴があります。それにより、事故が発生する確率も上がりますので注意が必要です。
満月・新月の前後2日間に合致すれば暴走型事故の危険度がやや高くなります。逆に下弦・上弦の前後2日間に合致すれば、うっかり型事故の危険度がやや高くなります。

暴走型事故の危険度がやや高くなる
うっかり型事故の危険度がやや高くなる

要注意日型事故リズム

1.会員登録をしよう!

まず会員登録をしよう!
月の周期リズムが28日目にあたるこの時期に、本人への月の影響が強く反映される時期です。

危険度レベル5

コスモ連動要注意日型
月の周期リズムが28日目にあたるこの時期に、地球・太陽が連動した形の要注意日です。パターン1よりさらに事故危険度が向上します。

危険度レベル6

要注意日コスモ月齢連動型
パターン2の個人リズムの時期が、満月・新月の前後2日間に合致すれば暴走型事故の危険度が高くなります。逆に下弦・上弦の前後2日間に合致すれば、うっかり型事故の危険度が高くなります。 暴走型事故の危険度が高くなる
うっかり型事故の危険度が高くなる

危険度レベルMAX

長期継続混合型(月28日周期型)
月の要注意周期と・地球・太陽の注意日周期が混合する形であらわれます。
特徴は、連続して注意日が続く中に要注意日が入るので注意力の事故の危険性も最大限にUPします。
このパターンが満月・新月の前後2日間に合致すれば暴走型事故の危険度が最も高くなります。逆に下弦・上弦の前後2日間に合致すれば、うっかり型事故の危険度が最も高くなります。
暴走型事故の危険度がMAXに
うっかり型事故の危険度がMAXに

ページトップ

会員ログイン


メディア掲載情報

注意日はわかっていた 著名人編